>  >

秋田県の名物・土産・郷土料理・名産

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
あきたけんのめいぶつ・みやげ・きょうどりょうり・めいさん
秋田県の名物・土産・郷土料理・名産
秋田ほろよい酒ゼリー 銘酒物語
秋田ほろよい酒ゼリー 銘酒物語
秋田を代表する6つの名蔵の酒を特殊製法でゼリーの中に閉じ込めた新感覚のデザート。アルコール分を約3%を含んでいるため、未成年者や妊娠中の方は食べれません。食べた感想としては、「酒!酒!酒!」っていう感じではなく「ゼリー!酒!ゼリー!」ぐらいな感覚でお酒をほのかに感じる程度で、味もおいしかったのでスッ…


いぶりがっこ
いぶりがっこ
秋田県に伝わるいぶり漬けのことで県を代表する漬物。ダイコンを囲炉裏(いろり)の上につるして燻製にしてから、おもに米糠と塩で漬け込んだもの。秋田の方言で漬物のことを「がっこ」という。わかりやすく言うと「たくあんを燻製にしたもの」。


いぶりがっこちーず「け」
いぶりがっこちーず「け」
この商品を見たとき自然と笑顔になりました。だってあの「いぶりがっこ」と「チーズ」を融合させるなんて・・・味がまったく想像できません(笑)。これは購入しないと後悔すると思ったのでさっそく購入。そして実食!んっ?チーズケーキのような生地の中にいぶりがっこの食感と独特の味が・・・おいしい・・・?もう一口食…


ぎばさ
ぎばさ
秋田県で古くから食べられてきた「ぎばさ」、正式には「アカモク」と称される。モズクやメカブ同様、ポリフェノールやフコイダン、フコキサンチン、各種のミネラル、食物繊維を豊富に含み、健康に良い機能性の高い食品として注目をあびている。秋田県以外にも、山形県や新潟県、京都府などでも好まれて食用されている。食べ…


きりたんぽ鍋
きりたんぽ鍋
うるち米を潰し木の棒に巻きつけてちくわ上に焼きあげたものを、地鶏やごぼう、きのこ、ねぎなどと共に、鶏ガラのだし汁で煮込む鍋料理。「きりたんぽ」は、冬期に狩猟をおこなう猟師(マタギ)が保存食として携行し始めたのが起源といわれている。


金萬
金萬
秋田土産の大定番の金萬。秋田銘菓の中でも知名度は大変高い。カステラ状の皮で、卵の入った白あんを包み丁寧に焼き上げた風味豊かな和菓子。表面には「金萬」の焼印が施されている。


さなづら
さなづら
さなづらは、ヤマブドウの果汁を固めて作られたゼリー状の和菓子で、秋田県を代表する銘菓。味は、甘酸っぱく濃厚。


ジュンサイ
ジュンサイ
秋田県でのジュンサイ生産量は日本一である。最近では栽培されるものもあるが、もともときれいな水の池など自生する水生植物。若芽の部分を食用とし、鍋料理や酢の物、味噌汁などに用いられる。寒天質で覆われた若芽は日本料理の食材としても珍重(ちんちょう)されている。ちなみにジュンサイの旬は6~8月である。


しょっつる
しょっつる
秋田名物のしょっつる(塩魚汁)とは、ハタハタで作る魚醤のこと。現在作られているしょっつるはハタハタに限らず色々な魚で作られているみたいですが・・・。一般的にはハタハタ若しくはタラと豆腐、長ネギと一緒に鍋で煮る「しょっつる鍋」が有名。きりたんぽ鍋など、他の料理の味付けにも用いられ、ラーメンのスープなど…


豆腐カステラ 
豆腐カステラ 
豆腐カステラは、秋田県南部の郷土菓子の一つで、豆腐をカステラ状に加工した菓子。食べた感想としては、正直微妙。味が微妙というよりもお菓子として見ることができない。要は立ち位置が中途半端だと思う。豆腐カステラとして食べるなら、豆腐またはカステラを個別に食べたほうがおいしいと思う。しかし、秋田では浸透して…


とんぶり
とんぶり
ホウキギ(ホウキソウ、ホウキグサ)の実を加熱した加工品。秋田県の特産のひとつ。旬は10~11月。漢方では「地腐子(じふし)」と呼ばれる。見た目がキャビアにも似ていることから「畑のキャビア」や「和製キャビア」とも呼ばれる。食感はプチプチしていて、少量の醤油とわさびで食べるとものすごくおいしかった。


仁手古サイダー
仁手古サイダー
仁手古サイダーは、秋田県六郷町の地サイダー。一番の特徴は、全国名水百選にも選ばれている六郷湧水群(ろくごうゆうすいぐん)の天然の水を使っているということ。また炭酸がそれほど強くないというのも特徴の一つ。まろやかな炭酸にしている理由は、「水」本来のうまさを引き出すため。


バター餅
バター餅
北秋田市で40年以上前から地域で食されてきたという郷土菓子。バターを入れることで時間が経っても硬くなりにいのが特徴。食べる前はバターの味が強いと思っていたが、いざ食べてみるとバターの味はそれほど強くなく適度に香る程度。甘さも程よく食感はモチモチだった。ちなみにバター餅はいろんなメーカーが販売している…


ハタハタ
ハタハタ
秋田県の県魚であるハタハタは、煮魚や焼き魚に調理されるほか、しょっつると呼ぶ魚醤(ぎょしょう)にも加工される。魚卵はブリコと呼ばれる。「ハタハタ」は古語では雷の擬声語のようなもので、現代の「ゴロゴロ」にあたる。秋田県で雷の鳴る11月ごろに獲れるのでカミナリウオの別名で呼ばれる場合もある。


はたはたパイ
はたはたパイ
はたはたパイは、秋田の県魚である「はたはた」をモチーフとしたパイで秋田を代表する銘菓。「塩汁(しょっつる)」で味付けし焼き上げた高級パイ。このパイは、サクッとした食感に塩汁の味があわさってかなりおいしかった。サクッとした食感を維持できるように、チャック式のビニールに入っている。


ババヘラ
ババヘラ
ババヘラは、主に秋田県で露天販売されている氷菓の一種、およびその販売形態。「ババヘラアイス」とも呼ばれる。種類としてはアイスクリームではなく、シャーベットの部類に入る。販売員を務めるおばさんが、金属製の「ヘラ」を用いてコーンへ盛りつけることが名前の由来。夏の秋田の風物詩となっている。盛りつけをしてく…


檜山納豆
檜山納豆
秋田県北西部の沿岸に位置する能代(のしろ)特産の東雲(しののめ)白神大豆の身を使った納豆。食べ方は、塩がおすすめです。納豆に適度に塩を入れて「縦まぜ」します。普通は箸をぐるぐる回してまぜると思いますが、納豆を箸でつかんで高~く持ち上げ、離して落とす上下運動。すると空気が入ってふっくら。醤油ではなく塩…


まち子姉さんのごま餅
まち子姉さんのごま餅
まち子姉さんのごま餅は、秋田県の郷土菓子。パッケージには、「山と緑にかこまれた秋田県上小阿仁村、そこで生まれ育った当店元店長、まち子姉さんが、地元の婦人会から教わったごま餅です。白ゴマと黒ゴマを使った、ヘルシーな郷土菓でございます」と書かれている。袋を開けると、ヘルシーなゴマの香りがします。そして口…


諸越
諸越
諸越(もろこし)は秋田県地方で作られている銘菓であり、落雁の一種。和菓子の中でも打物と呼ばれる部類に属する堅い菓子だが、口の中に入れると甘い粉がゆっくりさらさらと融けるため、緑茶のお茶請けに向いている。


横手やきそば
横手やきそば
横手やきそば、秋田県横手市周辺で販売されている「元祖神谷焼きそば屋」発祥の焼きそば。片面焼きの目玉焼きがトッピングされている。味は比較的甘口で付け合せとして、紅しょうがではなく福神漬けが付いてくる。B級グルメの大会「B-1グランプリ」で優勝1回、準優勝1回している。日本三大やきそばの一つでもある(ほ…