>  >  >

筑波山(ガマランド)

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
つくばさん(がまらんど)
筑波山(ガマランド)
ガマランド

詳細情報

営業時間ガマランドは終日開放
(ガマ洞窟の入場券販売時間は不明)
夜景は見られる期間が限定されています。
ロープウェイの運行状況は筑波観光鉄道HPを参照して下さい。
料金ガマランド:無料(ガマ洞窟のみ500円)
ロープウェイ:筑波観光鉄道HPを参照して下さい。
駐車場有 有料(つつじヶ丘駐車場:20分~3時間まで400円(以降1時間毎100円増し)
地図筑波山(ガマランド)の地図
アクセス【公共交通機関利用の場合】
JR「秋葉原」駅(つくばエクスプレス快速45分)→「つくば」(つくばセンター)駅(シャトルバスまたはタクシーで約50分)→神社入口(シャトルバスで約10分)→つつじヶ丘

JR「上野」駅またはJR「水戸」駅(常磐線で60分)→「土浦」駅(路線バスで50分)→筑波山口(路線バスで10分)→神社入口(路線バスで10分)→つつじヶ丘
所在地茨城県つくば市筑波1
公式サイト筑波観光鉄道
周辺の天気
茨城県 - 土浦の天気(10/20(金)17:00時点)
雨のち曇
雨のち曇
|
雨時々曇
雨時々曇
19℃ | 15℃
雨
|

まとめDATA
定番
B級
期間限定

自然

所要時間
3時間
ひとこと
ネタの宝庫。登山もできます。
コメント
茨城県の有名観光地の一つである筑波山。さわやかな登山や風景を楽しむお客さんの清々しさを一瞬でひっくり返してしまうスポットがありました。ロープウェイが通るつつじヶ丘駅の一角にある「ガマランド」。もう名前からなんとなくBな感じが。ここ、ものすごく目立つのに筑波の公式観光サイトを見ても、ガマランドについての記載が一切ありません。なぜでしょう。おもしろすぎて人が溢れ返ると危ないので公表しないんでしょうか。

つくばスカイラインを登り切り、ロープウェイに乗ろうと思って駐車場に車を止めました。そこで駐車場に隣接する、明らかに雰囲気の違うエリアが視界に入ります。ぱっと見て分かるものは食堂・お土産屋さん、鳥居、大きなガマガエル。他は「ひとことで説明できない何か」がぎっしり。情報量がありすぎてどこから見ていけばいいのかよくわかりません。っていうか見てもわからず消化不良を起こします。とにかくガマガエルの置物や「ガマ」という言葉がいっぱいで、これがメインなんだとは思いますが…まあガマランドだしね。鳥居と共に設置されたガマガエル、各所でお賽銭の要求が目立ちます(笑)また、看板を見る限りではここのメインアトラクション(?)「ガマ洞窟」という入場料が必要な怪しげな所が。入場券を隣の食堂で買うみたいですが、その時はもう営業が終わっていました(内心よかったと思っていたりいなかったり)。中身が気になるけど入れなかった人(自分含め)は、ホームページで体験談を掲載されている人がたくさんいらっしゃるので「ガマ洞窟」とかで検索してください。

あとは「プレイコーナー」と称した、完全に生命のない遊具が集まったコーナーがありました。他にも「モノレールのりば」「SLのりば」「無料 スペースシャトル」「室内ゲームコーナー」などの看板がありましたが…看板だけでした。あたりを見回しても実態がありません。お客さんもいないです。さらに、池とは決して思えない水たまりに、「この池には、山椒魚、サワ蟹、虹マス、こいが放流されています」とのこと。生命らしきものは…私には見つけられませんでした。

辺りが暗くなるにつれ不気味な雰囲気を感じつつ、一通り見学終了。ここと一変して、明るくにぎわいのあるロープウェイ乗り場へ向かいました。筑波山山頂からの綺麗な夜景を見て清々しい気持ちになりました。しかしロープウェイで下の駐車場へ戻り、不気味な夜の「ガマランド」と再会するとその気持ちは払拭…。筑波山を後にしました。


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

態度でかいな。後ろに書かれた「あなたの願いはきっと叶えられ幸せがくるでしょう」の言葉がやけに他人事に感じられる。
自然とあそぼうと書かれ、中に鳥がいます。展示する気がないんじゃないかというぐらい中が見づらい。
このまま出土したらしいです。まるで彫刻のようなにぎり石。
「名所 今見れば納得」ってどういうこと?このおじさん怖いけど。
ガマ洞窟には巨大イノシシがいるらしい。ますます中身が気になります
気になるけど入りにくさハンパない。黒く塗られ不気味です。「おもしろびっくりガマ洞窟」って書いてあったけどそんな雰囲気がないです。
有料だったら正直怒ります
ブランコ左のロープがない
これって100円入れたらどんなことが起こるんだろう
上の「ミステリーゾン」へは到達できませんでした。それがミステリーってこと?
大明神の下には「ご自身の願いを書きましょう。願いはきっと届くでしょう」とのまたもや他人事に感じる手書きメッセージも。
ジャンボすべり台というが、コンクリートのざらざら剥き出しで何も滑りそうにない
「ほんとうの空」が上にはあるそうです。ちなみにここは女体山の登山口でもあります
え、ちょっと何言ってるか分からないです
わかりますか?右の建物屋上に初めて空を飛んだガマ(なぜか背中にシマウマが乗っている)が休憩しています

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


筑波山(ガマランド)周辺の観光地

つくば市(約11.5km)
まなぶ
雨でもOK



[PR]