>  >  >

関ヶ原ウォーランド

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
せきがはらうぉーらんど
関ヶ原ウォーランド
関ヶ原ウォーランドの入り口

詳細情報

営業時間【営業時間】
[4月~11月]10:00~16:00
[12月~3月]12:00~15:00(土日祝は16:00まで)
【休館日】
年末年始
※天候などにより早く閉館する場合あり
料金大人500円
小人300円
※小学生未満は無料
※中学生は大人料金
※その他団体割引有。
駐車場多数(無料)
地図関ヶ原ウォーランドの地図
アクセス【車利用の場合】
名神高速道路 関ケ原ICより国道365号線を左方向の「関ケ原方面」へ→道なりにカーブしながら進み、バイパスの高架とちょうど交差する地点で左折する少し細めの道へ→突き当たり右手にウォーランド
所在地岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原1710-6
公式サイト関ヶ原ウォーランド公式HP
参考サイト関ヶ原観光web
麗守都(レスト)関ヶ原
備考戦に出かける心構えで。
周辺の天気
滋賀県 - 彦根の天気(09/18(火)17:00時点)
晴のち曇
晴のち曇
28℃ | 18℃
曇のち雨
曇のち雨
|

まとめDATA
B級
まなぶ
歴史


所要時間
1時間
ひとこと
ハイレベルなB級スポット。歴史ファンも必見。
コメント
関ヶ原ウォーランド!war(=戦争)+land(=遊園地的な?)素晴らしいネーミングセンスです。私はものすごい歴史好きでもないし、イチオシの武将とかもいないのですが、関ヶ原の戦いぐらいはもちろん知ってます。1600年、徳川家康(東軍)VS石田三成(西軍)の一大決戦。この日本史上とても重要な合戦の様子が、関ヶ原ウォーランドへ行けば見られます!車で行きましたが、1度は通りすぎてしまうような分かりにくいところに急に入り口が現れました。車を止め、城のような形の受付を通ると…入る前から薄々聞こえていたけど、園内では演歌のようなどギツイBGMが。「あゝ決戦の関ヶ原」という歌です。パンフレットの裏に歌詞が載っていたけどオリジナルソングかな?なんと3番まであります。この歌がエンドレスで流れ続け、なんとなく精神的余裕がなくなりました。不穏な空気を醸しだしています。

入ってすでにツッコミたいポイントは目の前にたくさん広がっているのですが、まず脇に武具甲冑資料館というのが見えたのでそっちから入りました。薄暗い入り口…誰もいない館内…ただただ甲冑や火縄銃等がホコリだらけのショーケースに並び、聞こえてくる不穏なBGM…気分はすでに少し参っています。ここはもうパーッと見学して外へ。

ここのメインは屋外です。広い敷地には石田、島津、大谷、小早川等の主要陣地、徳川家康の首実検の場面など、戦場の様子が数々のコンクリート像により再現されていました。ここの最大のポイントは、園内にたくさん設置されたコンクリート像です。これがまた非常に独特な色彩と、表情で…大体がどこ見てるかわからない表情のものが多いです。一度見たら忘れられません(この作風が気に入った方はぜひぜひ愛知県の桃太郎神社や、五色園に行ってみるといいでしょう。すぐに納得するはずです)。

このコンクリ武将達、多分実物大ぐらいで(って武将たちの身長知りませんが)大きいので臨場感出てます。でもここは戦場なので、当然みんな銃や刀持ってたり馬に乗ってたりするのでその臨場感はちょっと怖いです。歩くと次々と茂みの中から有名武将や足軽が出てきます。それをひたすら見てまわります。何故かドラゴンもいました。で、最後に出迎えてくれるのは、関ヶ原の戦いには決して登場しない人物「武田信玄」でした。ウォーランドで戦争の臨場感を体験した私たちに、最後に強いメッセージを残すために「亡霊」となって現れたようです。「もう争いはやめい!ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」と、英語を交えながら伝える信玄の姿は、強烈なペンキの色使いでひときわカリスマ性がありました。

この後、集会所?のようなパイプ椅子が並べられた所で、館長さんによる、とっても分かりやすい関ヶ原の戦い解説を聞き、勉強もしてみました。この館長さんとてもおもしろくて、関ヶ原の戦いについて一通り解説し終えると、急に歴史一切無関係!ホワイトボードを使いながらインド式計算法の講義を始めて下さいました。小学生多かったからかなぁ?最後に同敷地内の麗守都(レスト)関ヶ原というお土産屋さんに入ると、ウォーランドとは比べ物にならないほど賑わっていました。ちなみにこの辺りには古戦場跡がたくさんあるので、歴史ファンなら見所はもっと多そうです。


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

関ヶ原ウォーランドのはじまり
こちらはやや色あせた山内一豊…すみませんが誰かわからない。
見渡せば各地で戦いを繰り広げています。
あぁ…手前のお馬さんに、蔦が侵食し始めています。
こちらは寝返り武将の小早川秀秋の陣地。この人が裏切らなかったらどうなっなんだろう。
徳川家康の首実検の場面。前には湯浅五助の首と、何故か「賽銭箱」が。
石田三成の陣地は部下が少なくて質素だった。
この横田とかいう武将さん誰か知りませんが、すごい発色がいい。
......。首実検の場へ持って行かれるんでしょう。
武田信玄の亡霊です。ノーモア関ヶ原合戦じゃ!

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


関ヶ原ウォーランド周辺の観光地

彦根市(約23.8km)
定番
まなぶ
歴史


桑名市(約36km)
定番
季節重要
期間限定
自然




[PR]