>  >  >

稲佐山

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
いなさやま
稲佐山
ビュータワーの外観

詳細情報

営業時間午前9時~午後10時
料金【長崎ロープウェイ】
大人 往復:1200円 片道:700円
中高生 往復:900円 片道:500円
【車で山頂駐車場を利用する場合】
最初の20分無料、以降30分につき100円が必要
駐車場山頂駐車場:最初の20分無料、以降30分100円(最大40台)
中腹駐車場:無料(多数)
地図稲佐山の地図
アクセス【公共交通機関利用の場合】
JR「長崎駅」より長崎バスでロープウェイ前へ約7分、ロープウェイ前よりロープウェイ「淵神社駅」へ徒歩約2分、「淵神社駅」より稲佐山公園展望台へ
所在地長崎県長崎市
公式サイト長崎ロープウェイ
参考サイト稲佐山温泉 ふくの湯
備考なし
周辺の天気
長崎県 - 長崎の天気(12/18(月)17:00時点)
曇り
曇り
|
曇り
曇り
11℃ | 4℃
曇時々晴
曇時々晴
|

まとめDATA
定番
無料

所要時間
1時間
ひとこと
夜景が有名だけど日中も結構楽しめる
コメント
2012年10月5日に、モナコ、香港と並び世界新三大夜景として認定された稲佐山。函館はずれちゃいましたか・・・っていってもあくまで「新」ですから。知名度もまだまだ「函館山」のほうが有名でしょう!ちなみに稲佐山は、日本三大夜景にも選定されています。前置きはこの辺にして、今回は夜景ではなく昼に訪れた際のレポートです。先程も言いましたが稲佐山は夜景が特に有名です。しかし夜景が有名だからといって、日中に誰もいないなんてことはありません。見晴らしがいいため、そこそこ人が訪れます。(私が訪れたときは、天気が悪かったのもあると思いますが、めちゃくちゃ空いてました。)まぁー夜景になると展望台は人であふれ、ロープウェイは、祝前日や祝日(特に連休)には1時間以上待たなければいけないことも・・・恐ろしすぎます・・・(笑)
ロープウェイの待ち時間が嫌な人は、中腹の駐車場に車を止めて歩く、もしくは山頂駐車場が空くまで待つ、もしくはタクシーを使うという選択をしてください。タクシーは大勢で利用するとロープウェイより割安になる場合も・・・タクシー狙い目です!

日中の場合は、山頂駐車場に車を止めれる可能性が夜景の時間帯よりは高いので、一度チャレンジするといいかも。展望台は360度景色を楽しめるようになっています。夜景の場合だと、長崎市街地(180度)がメインですが、日中ですと海に浮かぶ島々も楽しむことができます。(夜になると真っ暗で島々は見えない・・・)

もはや稲佐山は、長崎の定番観光地!「一度は、行こうぜよっ!」


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

ビュータワーの横にも立派な展望スペースがありました。夜訪れると有料ですがここで記念撮影してくれます。
ビュータワーに入るとエレベータもありましたが、今回はこのスロープで展望台へ。ガラス張りになっているので途中で景色を楽しみながら上がりました。
ビュータワー前にある駐車場です。駐車できる数が少ないので、夜景を見に行く場合はロープウェイで行く方が無難かと・・・
日中はそれほど人がいませんでした。天気もあまりよくなかったからでしょうか・・・
長崎市全域を眺めることができました。夜はもっと感動できます(笑)
こちらは少し海側方面。山と海と街がバランスよく配置されてます。
独特の形をした長崎港フェリーターミナル。オレンジの球体はドラゴン プロムナード 。
博多駅と長崎駅などを結ぶ特急「かもめ」。最初は、新幹線に見えました・・・
長崎港周辺では数多くの観光船が往来していました。
女神大橋(めがみおおはし)という橋で、夜になるとライトアップされます。
三菱重工の長崎造船所も見えました。
今回は入りませんでしたが、景色を楽しみながら食事ができるようです。その名も「ひかりのレストラン」です。次回は是非行ってみたいです。
パノラマ写真

(※写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

稲佐山からのパノラマ景色

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


稲佐山周辺の観光地

長崎市(約2.4km)
定番
まなぶ
歴史
無料


長崎市(約10.6km)
まなぶ
自然
雨でもOK
いきもの



[PR]