>  >  >

鬼怒川温泉ロープウェイ・おさるの山

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
きぬがわおんせんろーぷーうぇい・おさるのやま
鬼怒川温泉ロープウェイ・おさるの山
鬼怒川温泉ロープウェイ

詳細情報

営業時間9:00~16:00(ゴールデンウィークや夏休み等、延長もあり)
無休(但し、整備の為運休あり)
料金往復料金
大人:950円、小人:480円
駐車場無料
地図鬼怒川温泉ロープウェイ・おさるの山の地図
アクセス【車利用の場合】 日光宇都宮道路 今市ICから国道121号線経由で約30分
【公共交通機関利用の場合】 東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅からバス、鬼怒川公園駅行きでロープウェイ前下車すぐ(約8分)
所在地栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
公式サイト鬼怒川温泉ロープウェイ・おさるの山
周辺の天気
栃木県 - 宇都宮の天気(11/21(火)17:00時点)
曇のち雨
曇のち雨
10℃ | -1℃
雨のち曇
雨のち曇
|

まとめDATA
B級
自然
いきもの


所要時間
1時間
ひとこと
白いサルがいるらしいけどいなかった
コメント
鬼怒川温泉ロープウェイに乗って、丸山山頂へ行きました。 山頂には展望台、おさるの山、温泉神社、ハイキングコースなどがあります。 3連休の中日ということもあってかとても混んでいて、温泉山麓駅で往復のチケットを買ってから結構待ちました。 順番が来て山頂へ到着したら、総ヒノキ製の展望台に上って鬼怒川温泉街などの景色を見ました(香りは特にない)。周囲は山々に囲まれていることがよく分かる風景。まあまあ気持ちいいけど個人的にはもうちょっと何か足りない。 次に、「おさるの山」という猿を観察できる施設に移動。 入ってみると…狭い。猿を観察というより、猿が人間を観察しているようなオリの構造でした。 猿のエサを100円で売ってましたが、エサ持ってないと猿たち全っっ然来ない。むしろどっか行く! だからあまり近付かないように写真を撮りつつ、特に長時間見て回る場所もないので割とすぐ出ました。 猿をちゃんと見たい人はやはり、日光猿軍団に行った方が賢明ですよ。ここから近いし。 ただ、ここには日光猿軍団でも見れない、珍しい白いサルの「シロくん」がいるらしいです(見れなかったけどね)。

サルの次は、ハイキングコース途中にある温泉神社にお参りしてすぐ引き返しました。 このハイキングコース、温泉神社より奥は徒歩30分とか50分とかまだまだありますし、 杖を持ったり登山ウェアを着た人達もたくさんいましたので、 最初から登山目的で来る人も多い所なんだと思います。


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

温泉山麓駅のロープウェイ乗り場。大体約25人~30人ずつ乗ってたと思う。
おんせんさんろく駅
山頂にある展望台。総ヒノキ製と無駄に(?)豪華。
鬼怒川温泉街は山に囲まれ渓谷の中にあることが分かる風景。
観光ホテルがたくさん並ぶ鬼怒川温泉街。老朽化の目立つ建物も多く見られた。
おさるの山入り口(人間の檻入り口)。
エサを求める猿たち。噛みつかれたり危険なので、買ったエサは長い棒のようなものにのせてやります。
家族の猿発見。見えにくいけど真ん中に子ザルがいました。なんとなく右がキリっとしてイケメン風だから、多分右がお父さん?
さるのえさ100円。「さる」と「えさ」の間に不自然なガムテープ。透けて見える文字は「・しか」でした。昔は鹿がいたらしい。
山頂にあった休憩所のような建物の中。11月下旬なので、もしかしてクリスマスツリー的な?(だとしたらしょぼい)
温泉神社へ続く道。
温泉神社到着。商売繁盛、家業隆盛、交通安全、無病息災とある。
山頂にある自販機。ビールもあるよ!
パノラマ写真

(※写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

鬼怒川温泉ロープウェイ 展望台からの景色

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


鬼怒川温泉ロープウェイ・おさるの山周辺の観光地

日光市(約1.9km)
無料
自然


日光市(約15.1km)
定番
まなぶ
歴史


日光市(約25.7km)
定番
季節重要
無料
自然



日光市(約27.9km)
定番
無料
自然



[PR]