>  >  >

五色園

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
ごしきえん
五色園
五色園

詳細情報

営業時間8:00~17:00
料金無料(桜の時期は協賛金が必要かも)
駐車場敷地内のあちこちに有り
地図五色園の地図
アクセス東名高速 名古屋I.Cから約10分
名鉄バス「五色園」バス停下車
所在地愛知県日進市岩藤町一ノ廻間932番地31
公式サイト五色園
備考人形探しをする場合は山道を歩くので靴に気をつけて下さい
周辺の天気
愛知県 - 名古屋の天気(05/26(金)11:00時点)
曇時々雨
曇時々雨
24℃ |
晴時々曇
晴時々曇
23℃ | 16℃
晴時々曇
晴時々曇
|

まとめDATA
B級
まなぶ
季節重要

歴史
無料
自然


所要時間
1時間45分
ひとこと
100体以上ある塑像を全部見つけるのは結構しんどい
コメント
日進市のホームページによると、ここは日本唯一の「宗教公園」だそうです。 で、宗教公園って何??って感じなのですが、 園内にあるのは大安寺本堂、五色園墓地、宿泊施設、そして100体以上の大きなコンクリート製人形たち…。 敷地は広大で、園内は車でも移動できます。私は冬に行ったので落ち葉や枯れ木ばかりでしたが、春は桜の名所でもあるみたいです。 気になるのは100体以上のコンクリート像だと思いますがこれが何かというと、 五色園の創設者が「見て分かる宗教」を目指して分かりやすく解説するために、 コンクリート像で「親鸞の生涯」を表したようです。

入口は料金所のような小屋はあったものの、無人でした。 パンフレット等は無かったので、入口にあった大きな看板に描かれた園内マップの写真を撮り、これを頼りに散策しました。 ってかこれがないとコンクリート像全部は見つけられなかったと思います(マップも結構アバウトでちょっと間違ってるのでやや頼りないんだけど)。

「見て分かる宗教」と言ってもさすがに人形見ただけで何の場面を表してるかなんて私には全く分からないので、 人形付近に設置された解説ボードが必須です。 だがしかし…各所に設置された場面解説ボードは、経年劣化で字が薄くなったり消えてて読めない所も多い。 日本唯一の宗教公園とか言うのであれば解説は整備してほしい所でした。 解説ボードが劣化しているということは当然ですが、人形の方もボロボロなものが多かったです。 ただ、このコンクリート像の作者である浅野祥雲氏のファン?の方達によって少しずつ修復作業が進められているみたいで、 綺麗なやつもありました。

天気が曇りでちょっとどんよりな日に行ったんですけど、怖がりな自分にはややホラー感があったりなかったり。 茂みの奥の方に入って行ったりすると若干暗いのが手伝って、茂みから現れる人間よりかなり大きめの像達が醸し出す嫌な雰囲気のために早くその場を立ち去りたいと思う場面も少なくない…。 五色園ホームページのQ&Aに、「夜肝試しやっていいですか?」という質問があるのもなんか分かる(答えはもちろん「ダメ」です!)。

関ヶ原ウォーランド(岐阜県)、桃太郎神社(愛知県)と並ぶ東海三大浅野スポット(と勝手に呼んでる)の中でも1番広くてコンクリート像も多くて見るのが大変な場所でした。車で行くことをオススメします。


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

園内マップを頼りに散策したが、実はちょっと間違っていた。
長くて読む気の失せる親切な場面解説。 親鸞(しんらん)が比叡山のお寺に帰る途中、不思議な女性に出会った時の会話のシーンらしい。
女性「私も御参りの為一緒に行きたい!」
親鸞「比叡山は危険だし、そもそも女性は入山禁止で無理」
女性「じゃあこの闇夜を照らす玉をあげるから道中気を付けて。で、差別のない仏教に変えて!」
…(不思議なことに女性はすうっと消えた)というシーン。
険しい山道を進む親鸞とその後を付ける弟子、の図。
こんな風に、マジで山道みたいな場所が敷地にはたくさんあります(だから靴はスニーカーなどがおすすめ)。
こんな風に広くて何もない場所がいっぱいあるのでそこに車を止めながら進む。
いつ出てくるかわからない人形がどっかにいると思うとこういう茂った山道歩くのはちょっと怖い。
これは田植えのシーンなんですが、雨上がりのため本当に水が溜まってしまい足元がかなり悪かったです。 このリアリティいらなかった…。
田植えの所に1人重労働でかわいそうな雰囲気の人。唇青いし左足めり込んでるし。
不動明王が何なの?
その不動明王がこちら。左右のお腹出た人達はだれだろう。
お墓参りだけの方は山道を歩く必要はありません。車でちゃんと通れる道が整備されています。
川岸にいるおばあさんが持ってる紙に「南無阿弥陀仏」と書いた人物は…
川(水はないけど)の対岸にいる親鸞(写真一番右のちょっと見きれてる人)。対岸から筆持って念じたら書けたらしいです。
※強く念じています
だんだん飽きてきて、「あーあそこにまた何かあるわ」みたいになってくる。
ちょっと脅かす為に鬼のお面かぶったんだけど…え?お面が取れない?うわ何でどうしよう!の図
鬼!?助けて!殺さないで!
五色園の本体。大安寺本堂
金の仏が布団で寝てる(笑)
元仲間の悪党に暗殺されそうな瞬間、仏に変わったらしい。元仲間はこれに驚いて刀を捨て、この仏化した人は助かったとか。
全部のシーンを見ようと思ったら、先が全然見えないような山道も歩かないとだめです。
武将がいっぱいでなぜか一つだけ親鸞とか宗教関係ないシーンがありました。 「日吉丸(豊臣秀吉)矢作橋 出世の緒」という逸話を再現した模様。
右腕改造されたサイボーグではないと思うんだけど…何か持ってんのかな?
ゆかいな仲間。ってかここにいる武将らしき人達、みんな家紋バラバラなんだけどどういうこと。
頑丈な鎧も家紋もない最後尾のちょっと悲しそうなおじさん。
超絶低姿勢。親鸞を殺そうとしていたくせに本人目の前にしたら急にごめんなさいの図。
顔ボロボロでうっすら青くなった親鸞。直視するの怖かった。

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


五色園周辺の観光地

名古屋市(約12.3km)
B級
グルメ
雨でもOK


犬山市(約20.9km)
B級
グルメ
雨でもOK


犬山市(約23.6km)
B級
無料


名古屋市港区(約25.9km)
定番
まなぶ
グルメ
歴史
雨でもOK



知多郡美浜町(約35.3km)
B級
グルメ
無料
雨でもOK



[PR]