>  >  >

大間崎

観光さんとは 観光地を探す 名物・土産・郷土料理・名産を探す ページの見方 利用規約 問い合わせ
おおまざき(おおまさき)
大間崎
マグロ一本釣りの銅像

詳細情報

営業時間終日開放
料金無料
駐車場多数有り(無料)
地図大間崎の地図
アクセス【公共交通機関利用の場合】
むつ市よりバスで、約1時間30分
所在地青森県下北郡大間町大間字大間平17-1
公式サイト大間 - 下北半島の観光
備考なし
周辺の天気
道南 - 函館の天気(05/26(金)11:00時点)
曇り
曇り
17℃ |
曇時々雨
曇時々雨
17℃ | 11℃
曇のち晴
曇のち晴
|

まとめDATA
定番
グルメ
季節重要

無料

所要時間
30分
ひとこと
本州のてっぺん!マグロの銅像と記念撮影して大間産の本マグロを食べる。これは必須!
コメント
大間崎は、本州最北端の岬です。ここには、「まぐろ一本釣の町 おおま」のモニュメントや、「ここ本州最北端の地」と書かれた石碑などがあります。それ以外に売店(お土産屋)や飲食店(食堂)などもあります。最○端シリーズの中では間違いなく観光地化されてる部類に入ると思います。この最○端シリーズに訪れたら、(訪問)証明書を発行してもらえるので発行してもらいましょう(有料ですが・・・)。東西南北全てコンプリートすると特別な証明書(なんと本州四端各市町の首長直筆サイン入りの本州四端踏破証明書)を発行してもらえます。

大間と言えばマグロです。マグロの一本釣りで有名な大間のマグロは絶品です。(またまた・・・でもお高いんでしょ?という声が聞こえてきそうですが・・・)高いです。私が食べた時は、マグロ3切れ、中トロ3切れ、大トロ3切れの計9切れでなんとお値段・・・5500円(ー_ー)!!日本酒と一緒にいただきました。値段は高かったけど味は絶品でした!!

まぁーこれと言って記事にするような内容がない大間崎ですが、人はなぜか「はしっこ」に行きたがるものだと思いました。(電車に座るときも「はしっこ」が好きでしょ?)結局なにが言いたいかというと、大間崎に訪れたら各モニュメントや石碑の前で写真を撮って、証明書を発行してもらって、大間のマグロを食べる。この3つを実施すれば完璧ということです。余裕があれば、遠くの北海道や弁天島にある大間埼灯台を眺めたりしてください。


グアム




写真

(※各写真はクリックすれば拡大してご覧になれます。)

車を駐車場に止めて、銅像を見に行く途中にタコの足が干されてました(笑)
天童よしみの歌碑がありました
石川啄木の記念碑もありました
でました~本州最北端の観光みやげ屋「浜乃屋」さん!
少し遠いですが、弁天島と呼ばれる島が見えます。
大間埼灯台が見えます。赤い建物は弁財天と呼ばれてるそうです。鳥もいっぱいで、野鳥の宝庫とも言われてるそうです。
最北端の雰囲気はこんな感じ。
見てください!このマグロのクオリティ、つや、色。さすがです。
この屈強な腕でマグロを一本釣りします。この像のクオリティが半端なくすばらしい!
最北端の記念碑です。
大間崎レストハウス!ここには、双眼鏡があったり、最北端証明書を発行してもらえたりする。
大間崎レストハウスからの眺め。う~ん高さがそんなにないから、下から見るのとそんなに変わらない気が・・・
ここに顔をはめれば、マグロの一本釣りができる!?

携帯アイコン 携帯版「観光さんモバイル」 http://kankousan.com/m/

この観光情報を携帯に送る
携帯のメールアドレス:
※右側のQRコードを読み取ってもこのページにアクセスできます


大間崎周辺の観光地

下北郡佐井村(約23.7km)
期間限定
無料
自然


むつ市(約27km)
定番
歴史


函館市(約28km)
定番
まなぶ
歴史
雨でもOK


函館市(約29.6km)
定番
無料



函館市(約30km)
定番
無料
自然



[PR]